会社を長期間休んだ場合

悩む男性

どのようにして生活をしていくか

人間は、精神面でその人の気持ちや行動が変わると言っても良いでしょう。そのため、うつ病などにかかってしまった場合には今までのように健全な行動ができなくなってしまうものです。そこで、このような場合にはやむを得ず会社を休み精神的に楽な状態に持ち込むしかありません。しかしながら、多くの人にとって仕事は非常に重要なものになります。せっかく、働いて生活ができているのにうつ病が原因で働くことができなければ生活自体が苦しくなってしまいます。このような場合には、傷病手当金をもらうのも1つの方法です。傷病手当金では、給料のおよそ3分の2ほどのお金をもらうことが可能です。ただこの時条件があり、誰でもお金をもらうことができるわけではありません。少なくとも、健康保険組合に加入していることが重要になります。そもそも、傷病手当金とは、働いている人ならば誰でも支払われるわけではなく少なくとも健康保険組合に加入していないと支払われないものになります。そうだとすれば、健康保険組合に加入している会社員などが対象になるでしょう。アルバイトや自営業者などはもらうことができません。派遣社員に関しては、どのような契約形態になっているかよって大きく変わってくるところです。健康保険組合に入り、うつ病であることと仕事によってうつ病になったことの因果関係が明確になっていれば傷病手当金をもらうことが可能になります。ただし、いつまでもお金を貰い続けることができるわけではありません。もらうことができるのは1年半年ほどになる点を注意しておく必要があります。

傷病手当金の仕組みを見ていくと、まず多くの人がうつ病で傷病手当金をもらえることに気がついていない傾向があります。もちろん中にはうつ病で会社から説明があり申請した方が良いと親切に教えてくれるようなところがあります。ですが、全てがそのように親切な会社ではありません。このような場合には、しばらく経過しても傷病手当金が出ることを知らない可能性もあります。もし、傷病手当金の存在を知らない状態が続いた場合、途中から請求できるかが問題になりますが、途中から請求するためには2つの条件が必要になります。まず1つ目は、うつ病により傷病手当をもらう場合には、健康保険組合に1年以上加入していることが重要です。つまり、前の会社から引き続いて健康保険が適用されているか、社員として1年以上継続して働いている場合には健康保険組合に1年以上加入していることになります。この場合には、条件の1つ目が満たされます。そして、本格的にお金をもらう場合には、もう一つの条件に当てはまることが必要です。その条件とは、現在もその状態が続いていることです。例えば、うつ病により会社を継続的に休んでいる場合2年前から休んでいてようやく最近傷病手当に関する知識を知った場合では、初めて医者に行って受診をした時からずっと継続して病気の状態が続いていると言えるわけです。このように、2つの条件を満たすことでお金をもらうことが可能です。ただ、会社から傷病手当に関する話が出ている場合にはそこから時効消滅期間を経過してしまうともらえない可能性があります。時効消滅期間は5年間ほどになるでしょう。