生活に不安があるなら

お金

基礎知識とメリットを知る

うつ病になる人が増えてきていますが、これには様々な理由が考えられます。そのうちの一つは、自分がやりたくない仕事を安定しているからという理由のために行っている場合です。特に、学歴が高い人ほどうつ病の人が多い傾向があり、良い会社に入ったからといって本当の幸せがつかめていない人がいるのも事実です。実際に、うつ病になってしまうと長期的に会社を休むことや会社に行く人いかない日がまちまちのことも考えられます。このような場合には、生活することができなくなってしまう可能性もあるでしょう。特に、家族がいる場合には配偶者に負担が行ってしまう可能性も高いです。これを避けるためには、うつ病により傷病手当金をもらう方法が考えられます。傷病手当金をもらう方法は、少なくとも健康保険組合に加入していることが重要です。基本的に、会社員の立場ならば健康保険組合に加入しているためいざという時にお金が振り出されるのが大きなメリットです。どれぐらいのお金が出されるかといえば、ひと月当たり毎月の給料の2/3ぐらいになります。これだけのお金が出れば、少なくとも会社に行かなくても生活をするぐらいは可能になるでしょう。このようなメリットがありますが、その手続きもよく理解しておかなければいけません。手続きに関しては、病院に行って診断書を書いてもらうことが必要です。これは、障害年金の場合と異なり健康保険組合の方からお金が出ますので国などに提出するわけではありません。会社の窓口に提出することで申請がおりるでしょう。

傷病手当金をもらう場合の基礎知識は、まずうつ病と会社を休んでいることの因果関係が必要になります。これを第3者が正式に理解するためには、医者が書く診断書が必要になるところです。医者の診断書は、障害年金ほどしっかり書かなくても申請される可能性があるためそこまで医者を選ぶ必要はないでしょう。もらえる金額は毎月の給料の2/3ほどになりますが、この場合ボーナスの時にもボーナス分の2/3がもらえるかが問題になります。これに関しては、もらうことができないとするのが基本です。そのため、いくらボーナスをもらっていたとしてもボーナスの時期になり傷病手当金が増えることはないと考えておくべきです。もう一つ重要なことは、一体どれぐらいの期間まで傷病手当金をもらうことができるかです。これに関しては、明確な決まりがあり申請してもらった時から1年半ほどもらうことができるわけです。それ以上の期間が過ぎてしまうと、うつ病が治っていなかったとしてももらうことはできません。つまり、うつ病患者としては傷病手当金をもらう一方で十分な治療を行っていかなければいけません。うつ病もすぐに治るものではありませんが、少なくともたいていの場合は傷病手当金の金額が途絶えるまでの期間に会社に行ける程度は回復する可能性が高いでしょう。後は、起算点も頭に入れておくとよいです。これは、いつから診療がスタートしたかと同じ意味です。お金をもらう場合には、その時にさかのぼってもらうのが基本ですので、最初に診療した時を確認しておくべきです。

悩む男性

会社を長期間休んだ場合

うつ病で会社にいけなくなってしまい生活するお金がなくなった場合には、傷病手当金をもらう事は可能です。このとき、継続してうつ病の状態が続いており、国民健康保険に加入して1年以上経過している場合は気づいた時からお金をもらうことが可能です。
悩んでる人

便利な社会保障サービス

うつ病によって就労が不可能である場合は、傷病手当金を受給することが出来ます。一定の基準を満たしていると判断している医師の診断書、事業主のサイン、自分で作成する申立書が必要で、申請から1ヶ月程度で振込が開始されます。ぜひ利用しましょう。
男性とお金

生活を安定させるには

うつ病になってしまい傷病手当金をもらうとすれば、どこの病院を選ぶかが重要になります。選ぶならば、診断書をはっきりと書いてくれる所を選ぶ必要があります。これを利用する目的は、生活を維持することです。それを前提にやり繰りをしていきましょう。